無料ブログはココログ

« 落語会『第一回年忘れ落語会』感想 | トップページ

2018年8月29日 (水)

ドラマ『特別企画「名奉行!遠山の金四郎」』感想

ドラマ特別企画 『名奉行!遠山の金四郎』

放送: TBS 2018/8/13 20:00~
記:  2018/8/15,28


 遠山の金四郎は、金さんのことですよね!?

 で、遠山の金四郎。
 松岡昌弘さんの金さん!スリム!

 な印象。

 まずは…水野忠邦公の下で付け火について話し合う役人たち。横倉様=洋三郎さん、鳥居様=加藤雅也さんはまじめな役人? いや、町人を見下す役人の一人。

 贅沢禁止。錦絵禁止。花火禁止。

 マトリョーシカの中身に金さん注入!のような遠山殿は反対意見。

  町民は息苦しくなったり、命の危険も感じたり。


 そして、これまでに何度か現れる異国の船。

 異国船に目をつぶる公儀に物申すような、月次郎の火事絵。

 そして惨殺された月次郎をまつりあげる若者が、鎖国をといて異国と貿易をととなえる。
 この若者が何かするのかと思ったら、何か"しかけた"とたんに刺殺されてしまう。

 いったい裏で何が?


 どうも過去に月次郎と何かあったらしい歌川国芳。贅沢がだめなら美人絵、役者絵ならぬ動物絵を描いてしまう国芳氏。

 月次郎の美人絵に自分の母の面影をみる、小料理屋のおたね=渡辺麻友さん。

 とさりげな態度で娘を見守る父親=平田満さん。またまた裏に何かあり。

 なにやらちらちら出てくる東雲屋=中西良太さん。その屋敷にいる大目付の横倉様。

 横倉様=洋三郎さん…異国のマントっぽいのをまとって、かぎりなーく危ない雰囲気…。

 地デジで怪しい洋三郎さん! なかなかよろしいです!


 さて、この裏には何が!?


 と思っていたら……
・東雲屋。異国の高価なものを仕入れてひそかに売って大儲けしたい
・効果で珍しいもの大好きでそのためなら法をも犯すお目付け横倉様!の後ろ盾あり!!
・その東雲屋は月次郎を持ち上げる若者の志→これからの日本を憂いて開国を迫る活動を利用して、じつはただただ金もうけのために開国を迫る。。


 なるほど。

 今の犯罪とも何やら被るところあり。

 おれおれ詐欺など若者が実行犯してても、実際裏には中年or初老の実力者?みたいのがいたりするようですからねぇ。。


 最後はお奉行様が金さ~ん!!で正義のお裁き実行。

 …桜吹雪の入れ墨は当時なかなかなかったんですかね?

 以前は、あの桜吹雪の入れ墨で金さんを特定できるんだろうかと思ってましたが……多分、入れ墨はひとつひとつ違うんでしょうね(^^;;;。桜吹雪もなかなかないとか?で。

 だからそれが個人証明書!なわけね(^^;;;。


 今回のドラマ金さん、落ち着いた運びでなかなか良かったです。背景も景色もなかなか。

 じつは月次郎の娘で、おとっつぁんの妹がお母さんで、月次郎の絵はおっかさん。
 最近、元アイドルで女優路線手人多いですね。


 にしても、鳥居耀蔵の加藤雅也さんて、一癖も二癖もある悪役が多い。なぜだろう?? 普通の役も良さそうなのに! ま、今回は悪役のようで中間かなぁ?

 歌川国芳先生がなかなか効いてましたね。ひょうひょうとしてるけど、じつは月次郎の絵の腕前に嫉妬して、もっと過激な絵を描くように仕向けて…その絵がもとで月次郎は惨殺されて。。


 いろいろな事情の裏に隠された人情、というのがぴったりなストーリーでした。

 こんな感じの時代劇をもっとやってほしいです。

  

« 落語会『第一回年忘れ落語会』感想 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ『特別企画「名奉行!遠山の金四郎」』感想:

« 落語会『第一回年忘れ落語会』感想 | トップページ