無料ブログはココログ

« 映画『GONINサーガ』感想 | トップページ | 映画『エヴェレスト神々の山嶺』感想 »

2016年3月 9日 (水)

映画『さらば あぶない刑事』感想

『さらば あぶない刑事』 2015年 監督:村川透

●内容
 横浜港署捜査課刑事のタカ=鷹山敏樹(舘ひろし)とユージ=大下勇次(柴田恭兵)。二人は定年退職まであと5日。2人を無事定年退職させたい捜査課の課長=町田透(仲村トオル)の言いなりにならず、タカとユージはマフィアなどが入り乱れるブラックマーケットで、新たな火種を発見。中南米の怪しい組織の存在を知り、あいかわらずのノリで組織を追い詰める!
 美しいタカの恋人や重要物保管所所長の真山薫(浅野温子)の相変わらずのドタバタも含め、最初から最後まであぶ刑事の世界炸裂!


 …以上、アバウトなあらすじです。


 Opening

 ステップ、ステップ、ステップ。

 ユージの華麗なるステップで開幕。ユージはいくつになってもユージ。

 タカは定年退職後に共に過ごす女性がいるし。妙にダンディ。

 捜査課課長になった透は、相変わらずひょろっとしながら、2人に勝手にするなと小言を言いながらも、定年前の彼らを気遣うヤツ!

 薫は相変わらずゴテゴテ大好きがバージョンアップしてました。IT企業の社長と結婚予定で彼に投資をしてあげたとか…詐欺フラグがたってるし!

 定年前の彼らは相変わらずあぶない刑事でした!!

ストーリーは、

中南米の最強組織BOB!?が違法ドラッグを大量輸入したのを、湾岸署が水際で没収
→しかし相手に奪還され
→BOBに仲間の復讐を誓う若者が組織の建物に侵入してつかまり →タカの彼女はかつてBOBトップのガルシアと関係があり、監禁されその後…
→タカアンドユージの大活躍で見事BOBを追い詰める!

 ということでした。すみません。いきなりネタバレです。ネタバレ標榜サイトではありますが...(^^;;。

 敵役の主な2人もよかったですね。BOBトップのガルシア=吉川さんに、ボーズ頭の組織の若者。すごみがありました。悪役がいいと盛り上がるんです。

 おしゃれレストランで、タカの彼女がガルシアに話しかけられた時には、気の毒にも彼女さんに死亡フラグが立ったのが見えてしまいました。彼女の死後ショックなタカはなかなか立ち上がれませんでしたが、薫にカツを入れられユージのもとへ走りますね。

 この、タカがなかなか動けなかったところとか、すごく人間らしい。。かっこいい男は感情を隠して仕事に走りそうなものの、あぶ刑事の世界はそうではない。

 そう、これはハードボイルとの世界ですね。男たちは強いんだけど、ユーモアがあり、人間的でもあり。弱さだって時には見せることもあるのさ! ときにはね!

 それらが率直に描かれてましたね。

 最後、BOB残党が大量にいる中、倉庫のような建物から飛び出すタカアンドユージ。これはおそらく『明日に向かって撃て』という映画へのオマージュなんですね。Long Goodbyのロゴも。

 私はこれまであぶない刑事はテレビで見るくらいでしたが、最後を飾る本作はかなり良いです。洋三郎さんの露出が多いこともポイント高いんです(笑)。

 俳優さんについて。

 タカ=舘ひろしさん、ユージ=柴田恭兵は、ダンディな大人とコミカルな大人少年の抜群の組み合わせですね。しかも今回はユージが全力疾走! 定年前なんて関係ないってのり。

 課長の仲村トオルさんがこんなにふざけてるところを見られるのは、あぶ刑事くらいでは…。

 薫の浅野温子さんは、変わってないなぁ、と知人に感心されてましたが、今回むしろバージョンアップしてたんでは!?

 BOBトップのガルシア=吉川晃司さんは、巻き舌バリバリで、なんか日本人というより、無国籍アジア系〇〇人…よくわからなくて怖い感じをよく出してました。

 そしてBOBの若い実行役?は、夕輝壽太さんというブラジル出身の役者さんなんですね。ガルシアと同様に無国籍でよくわからない不気味な感じがなかなか良かったです。

 その他の役者さんもはまってたり、懐かしかったり、皆さんここにかけなくてごめんなさい!

 しかし…当サイトの主役、洋三郎さんは…。

 捜査の腕章を巻いて、事件現場で指揮をしての大活躍! 初めの頃のあぶ刑事ではたしか少年課の係りでしたよね。刑事姿の洋三郎さんはもうはまりすぎてて…。

 腕章ゆらしてバキバキ指示しているところを見ると……こんなに立派になって……と目頭をハンカチで押さえたくなります(^_^;;。


 退職後、のー天気にゴルフ三昧の2人。その2人のもとに駆け付ける薫。詐欺られたことに気づいて、やけくそになっちゃって…。で終わりなところが、あまりにもあぶない刑事。

 本当にこれで終わりなの!?というノリでした。退職したからホントなんだけどね。


 それではー

 ふぃ~ん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

« 映画『GONINサーガ』感想 | トップページ | 映画『エヴェレスト神々の山嶺』感想 »

e.洋三郎さん特集-映画」カテゴリの記事

コメント

『さらば あぶない刑事』この現代においてここまでダサく作れるのは逆に貴重。エクセルでぱぱっと作った様なタイトルロゴに、一瞬カラオケビデオが始まったのではないかと目を疑った。バイクや車のアクションは、交通センターで見させられる危険運転防止の映像を彷彿とさせる。とにかくダサい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『さらば あぶない刑事』感想:

« 映画『GONINサーガ』感想 | トップページ | 映画『エヴェレスト神々の山嶺』感想 »