無料ブログはココログ

« 洋三郎さん、事務所ラ・セッテさんから離籍 | トップページ | 映画『甘い鞭』感想 »

2014年8月24日 (日)

DVD『虎狼の大義』『虎狼の大義2』 感想

『虎狼の大義』『虎狼の大義2』 2013年 
 監督:浅生マサヒロ 脚本:小谷暢亮
 出演:竹内 力、今井雅之、伊藤洋三郎、諏訪太朗、川村亜紀、鼠先輩、グレート義太夫、松山鷹志、並樹史郎

●あらすじ オールイン エンタテインメントサイトから(http://www.all-in-ent.com/ippan/1312/01.html)
"武闘派ヤクザの芹澤(竹内 力)の翔仁会が仕切る裏カジノ。その利権を狙って敵対する伴竜会が動き出す。同じ頃、ヤクザ組織撲滅のために捜査四課に特別対策班が結成され、武闘派刑事・村田(今井雅之)が就任。芹澤と村田による男の意地が激突する。だが、警察上層部は伴竜会と繋がっていた。こうして三つ巴の戦いの火蓋がきって落とされた――竹内 力vs. 今井雅之、侠の意地が激突する!! "

前半。

まずは全体の構図。かつては盃を交わした翔仁会と伴竜会。が、代が変わり、いつしかお互いがお互いをけん制しあう仲に。

まさに任侠大全開!

以下ネタバレ。

で!

兄貴を差し置き翔仁会の頭に抜擢された芹沢。忠義、誠実なところが買われてか。
「代行」と呼ばれる人も別にいますが、役割の違いがよくわかりません…。

そして、所轄から引き抜かれた刑事4課配属の武闘派警察官、村田。
これまた、芹澤と住む世界が違うといえども一本気な性格。

当然、警察がヤクザを追い、という構図は当たり前なわけですが、翔仁会と伴竜会の対立も激化。

ヤクザ大嫌いの刑事が、翔仁会=芹澤と少しずつ距離が縮まっていくのは…お互い、一本気、姑息な手段が大嫌いというところで共通していたからでしょうか!?

そんなこんなで接近した村田の情報が、後に作戦変更により芹澤をだまし討ちしたような形になり。

前半最後は芹澤が村田に銃を突きつけ大緊迫!シーンで『2』に持越し。

ぶんなぐられて倒れた上に、銃を突き付けられた村田が胡坐を組んで座り直すのは、理由がどうあれ、芹澤をだましたことになったからでしょう。

そんな村田の事情はまだ知らないと思われる芹澤は、怒り心頭だけれど、最後、銃は下すんですな。村田が観念してるのに気づいたから。おそらく。

ここらへん、すでにまさに虎狼の大義。


本来なら頭候補であるのに、芹澤が指名されて面白くない石橋の兄貴=洋三郎さん。もはやいるだけで貫録です。……けど、最初からストーリー的には怪しい存在。。明らかに裏切り者、ダークな匂い全開で『1』は終了。

後半。『虎狼の大義2』

2は怒涛の展開。

普通この手のやくざ者は、前半に対立の緊迫した構造を説明して、後半はひたすらやってやられての繰り返しになるものだと思ってたんですが(その展開が時に冗長したものになることも多いんですが)、本作、

・誤解も解け?(察して?) 境遇が似ているからか、仁義/一本気の性質でウマがあったからか、兄弟の契の杯を交わす芹澤と村田。

・警察内部の裏切り者により、翔仁会の急激な弱体化。

・警察側本部長と伴竜会の癒着!?により、翔仁会組員の大半を殺害される。

・本部長の裏切りに気付いた村田と先輩刑事の死。 ・かつて死なせてしまった(芹澤の責任ではないようだが)組員の妻と子供に対する忠義と別れ。

・そしてついに芹澤は…。

余計な露出、暴力的な描写は排除され、最後、芹澤が卑劣な裏切り者=警察本部長=元翔仁会の石橋、そして、伴竜会組長をうつところは、「銃を撃つ芹澤」の止め絵と「打たれる側」を瞬間描写するにとどまり、最後は見事仇討ちを果たした芹澤に向けられた銃+止め絵、で、Fin。

まさに本道、といった感じでした。

俳優さんとして。

芹澤の力さんは、杯を交わした村田の死を前にして、とても感情を表していて、今までの力さんと(特にカオルちゃんと)は違う一面を見られた気がしました。カオルちゃんではないのは…当たり前か!

その芹澤の弟分もなかなか良かったです。この手のフィクション系任侠ものにかかせない、重要なファクターです。

↑の子弟関係と同様に重要なのが、悪役。

伴竜会組長の松山鷹志さんは、これまで以上にねちっこい頭を熱演し、その右腕組員はまさにブレインというか、表情をあまり変えないところがある意味すごみになっていて。鼠先輩がクールな殺し屋か。

そして、警察で村田を指導する先輩刑事の諏訪太朗さん。インファナルアフェアで殉職するベテラン刑事さんを思い出しました。こんな人がいるとこれまた話が引き締まりますね。ある意味、少しほっとするキャラでもあります。

警察関係の裏切り者では、本部長もなかなかのものです。この冷静キャラは、伴竜会のブレインと通じるものがあります。

そして…主人公を思いっきり裏切る精進会の石橋の兄貴! 洋三郎さん! Vシネ悪役っぷり全開! これまた話をガシッと締めてくれました。

俳優さんがみんなマジよかったです。
今DVDでしか扱っていないようですが(2枚に分けて)、ブルーレイで1枚にまとめて欲しいです!

« 洋三郎さん、事務所ラ・セッテさんから離籍 | トップページ | 映画『甘い鞭』感想 »

g.洋三郎さん特集-ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DVD『虎狼の大義』『虎狼の大義2』 感想:

« 洋三郎さん、事務所ラ・セッテさんから離籍 | トップページ | 映画『甘い鞭』感想 »